収納スペースに入らない服を次の衣替えまで何とかする方法

収納スペースに入らない服を次の衣替えまで何とかする方法

イケてる仕事人たる者、服装には気を配らなければならない。以前も書いた通り、その人の第一印象の大半は見た目(視覚情報)で決まるからだ。

手持ちの服が多いほど、多様な服装のバリエーションを楽しむことができる。着こなしの楽しみを覚えてしまうと、ついつい様々な服を買いたくなるというのが人情というもの。自分もシャツやらスラックスやらコートやら色々な服を購入し、いつの間にか衣装持ちになってしまった。

そこで困ったのが収納スペースだ。ついに服が入り切らなくなってしまった。覚悟を決めて断捨離をして手持ちの服を減らしたが、それでも収納スペースから溢れてしまう始末。

何とかするべく色々と調べたところ、服を長期間預かるサービスを提供しているクリーニング業者が存在することを発見した。せっかくなので、各サービスの概要をまとめてみた。

各社が提供する衣類保管サービスの概要

リナビス

○10着当たりの料金:10800円
△最長保管期間:6カ月
特徴:
◎ボタン修理無料
○再仕上げ無料
○無料クリーニング相談あり
×皮革・毛皮・ゴム製品は取り扱い不可
◎ファーフード、ファー襟は取り扱い可能
△プレミアムプランは提供していない

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】

ボタン修理無料や無料クリーニング相談など、サービスが手厚い印象。今回、調べた中でリアルファーに対応しているのはここだけ。ただし料金は最安値ではない。

カジタク(通常プラン)

×10着当たりの料金:12000円
○最長保管期間:9カ月
特徴:
◎帯電防止・花粉がつきにくい・やわらか仕上げ
○再仕上げ無料
○国内有名アパレル使用の保管倉庫
◎最大30万円の補償(1パック当たり)
×革はクリーニングとリアルファーはクリーニング不可。

今回調べた中で最大30万円の補償をうたっているのはここだけだった。リアルファーのクリーニングには対応していない。

リネット(プレミアムクローク)

×10着当たりの料金:14000円(7点コースに3点を追加した場合を想定)
○最長保管期間:8カ月
特徴:
○「リファイン加工」「柔らか加工」を実施
○「プレミアム仕上げ」で品質を担保
×皮革合皮製品、リアルファー、毛皮製品はクリーニングも保管もNG
○無料再仕上げに対応
○アパレル水準の保管環境



宅配ネットクリーニング「リネット」

アパレル水準の保管環境をうたう。今回、調べた中で料金は一番高い。

せんたく便

◎10着当たりの料金:9980円
◎最長保管期間:11カ月(夏物は9カ月)
特徴:
○再仕上げ無料
×皮革・毛皮製品は取り扱い不可
○シャープのプラズマクラスターイオン発生機を設置した専用部屋で保管
○「しみシール」や「センタープレスシール」などの指示シールを用意

料金が一番安く、最長保管期間が一番長い。リアルファーが取り扱い不可なのは残念。

今回は料金と保管期間を重視し、「せんたく便」を選んだ。ほかの三つのサービスも気になるので、次回試してみようと思っている。

何はともあれ、部屋の収納スペースに余裕ができた。だがこれに油断して新しい服を買ってしまうと冬用の服が戻ってきたときに困ることになる。気を付けることにしよう。



大人の男カテゴリの最新記事