覚えておくと便利!Windowsのショートカットキー(デスクトップ編)

覚えておくと便利!Windowsのショートカットキー(デスクトップ編)

前回に引き続き、Windowsのショートカットキーについて書くことにする。今回はデスクトップの画面を操作する際に活用できるショートカットキーをまとめてみた。

デスクトップ画面を操作する際に便利なショートカットキー

インターネットブラウザの画面を最小化してデスクトップの画面を表示したい。

使うべきボタン・・・「Windowsキー」+「D/し」

インターネットで調べ物をしていると、ワープロソフトなど他のソフトを立ち上げるためデスクトップ画面に戻りたいと思う時もあるだろう。そんな時は「Windowsキー」+「D/し」を押せばインターネットブラウザの画面を最小化できる。

インターネットの画面を保存したい。

使うべきボタン・・・「Print Screen」

自分に必要な情報が載っているWebページをパソコン上で保存したいと思った時は「Print Screen」が便利。スクリーン上の画面をまるごとコピーできる。コピーを画像編集ソフト上に貼り付けてパソコンのローカルハードディスクに保存すれば、オフラインの状態でもWebページのコピーを閲覧できるようになる。

複数のソフトを立ち上げたが、一つだけ残してあとのソフトは終了したい。一つずつ終了するのは面倒くさい。

使うべきボタン・・・「Ctrl」+「Shift」+「Esc」

「Ctrl」+「Shift」+「Esc」の組み合わせによって、タスクマネージャーを起動できる。タスクマネージャー上には稼働中のソフトの一覧が表示されるので、短時間で複数のソフトを終了できる。

パソコン上にある大事なファイルの在り処が分からなくなった。途方に暮れている。

使うべきボタン・・・「Windowsキー」+「S/と」または「Windowsキー」+「F/は」

「Windowsキー」+「S/と」のショートカットキーを使えば検索ボックスを表示できる(Windows7もしくはWindows8.1の場合は「Windowsキー」+「F/は」)。検索ボックスにキーワードを入力すれば、パソコン内のファイルを検索できる。

会社のパソコンで作業していたが、離席することになった。画面を他の人に見られたくないので、すぐにロック画面を表示したい。

使うべきボタン・・・「Windowsキー」+「L/り」

他の人に見られたくない資料を作成しているときなど、すぐにロック画面を表示したい時はこのショートカットキーが便利。ロック画面のパスワードを事前に設定していれば、入力が要求されるため、第三者に盗み見されるリスクを減らせる。

一つのショートカットキーの使用によって節約できる時間や労力はそれほど多くはないが、塵も積もれば山となる。1年単位で考えると、結構な量の時間や労力を省くことができる。役に立ちそうと思えるようなものがあれば、覚えておいて損はないだろう。

仕事術カテゴリの最新記事