最近食べた「太りにくいコンビニ飯」(2018年4月版)

最近食べた「太りにくいコンビニ飯」(2018年4月版)

 4月8日に「太りにくいコンビニ飯」を紹介するページを作ると宣言した。1週間以内に作ると言っていたのにこの体たらく。反省。

最初はデータベースを作ろうとしたが、新発売の商品や発売中止になった商品が出るたびにメンテナンスをしなければならない。常にデータベースを最新の状態に保つのは自分には無理。断念。

なので順次、最近購入したものを不定期に紹介することにした。鮮度のある情報をその都度出していれば取り上げた商品が既に店頭にないという事態も避けられるし。

自分はコンビニ飯を買うとき、1食トータルのタンパク質が多めになるように心がけている。筋トレ界のビッグネームであるTestosteroneさんが提唱するダイエット法「マクロ管理法」では、1日にその人の体重の数値(kgベース)の2倍に相当する量(gベース)のタンパク質を摂取することが望ましいとされている。

現代の通常の食事をしていれば、炭水化物や脂質は比較的簡単にマクロ管理法の目標値に到達するが、タンパク質の目標値到達は簡単ではない。そこで自分は鶏肉を最大限活用している。最近の食事の組み合わせはこんな感じ。

2018年4月のコンビニ飯セレクション(栄養素は購入時点の数値を記載)

その1


レンジでOK ! 武州煮ぼうとう 444kcal タンパク質12.9g 脂質9.3g  炭水化物74.3g
アボカドのグリーンサラダ 161kcal  タンパク質2.4g 脂質14.4g 炭水化物5.5g
ほぐしサラダチキン(今回はサラダの上に載せてみた) 86kcal タンパク質19.3g 脂質0.9g 炭水化物0.3g
(購入店:セブン-イレブン)

タンパク質の摂取という意味で、セブン-イレブンのほぐしサラダチキンは実に優秀。86kcalでタンパク質は19.3g。実に低カロリー高タンパクの食品である。ほぐしてあるので、サラダの上にトッピング風に載せられるのもいい。主食は武州煮ぼうとうを選んだ。主食としては低カロリーなのに結構腹持ちが良いので重宝している。

その2


海老とホタテの特製中華丼 467kcal タンパク質14.1g 脂質7.5g 炭水化物85.8g
ネギ盛り!ネギ塩チキンのサラダ 180kcal タンパク質19.6g 脂質7.5g 炭水化物8.6g
(購入店:セブン-イレブン)

この日は鶏肉がデフォルトで載っているサラダを選んでみた。主食は中華丼。従来の中華丼に比べてタンパク質が多めのような気がする。海老とホタテの賜物だろうか。いずれにせよいいことだ。

その3


たっぷりお豆と野菜のカレー 419kcal タンパク質13g 脂質9.3g 炭水化物70.8g
鶏ささみとわかめのこんにゃく麺サラダ 78kcal タンパク質5.2g 脂質1.7g 炭水化物14.1g
(購入店:ナチュラルローソン)

自分はカレーが大好物なのだが、カロリー多めのものが少なくない。このため食べたくても我慢するケースがあるが、このベジーなカレーであれば安心して食べられる。タンパク質もしっかり13g摂取できる。副菜には鶏肉とわかめとこんにゃく麺のサラダをチョイス。バランス良く栄養素が摂れるので安心する。

最近のコンビニは新商品を次から次へと投入してくるので買う側としては楽しい。新たな「太りにくいコンビニ飯」の組み合わせを考えるのが楽しみである。

食事カテゴリの最新記事