ビジネスを成功に導くオーダーメードのスーツ

ビジネスを成功に導くオーダーメードのスーツ


ビジネスパーソンにとって身だしなみは重要だ。

米国の心理学者のメラビアンは、人間が相手から矛盾したメッセージが発せられたときに、どのような要素を重視するかについての実験を行ったことがある。すると、人間は相手の真意を判断をする際に、見た目などの視覚情報を重視するという結果が出た。

判断を行ううえで影響を及ぼす度合いは、見た目などの視覚情報が全体の55%だった。それに対し、口調や話の早さなどの聴覚情報は38%、話の内容などの言語情報は7%にとどまった。

一方で、「人を見かけで判断するのはよくない」という意見もよく聞かれる。怖そうな顔をしていたり、ヤンキーみたいなファッションをしていたりしていても、優しい人がいるのではないかという見方だ。

見た目を整えないのはただの甘え

だがこの意見は個人的には甘いと思う。確かに見た目と中身にギャップがある人はいるだろう。しかしその人と相応の時間、コミュニケーションをとらないと、そのギャップに気付くことはできない。それだけの時間を相手が費やしてくれるとは限らない。

そもそもビジネスでは初対面の人とやり取りをすることが日常茶飯事だ。見た目を整えることで相手がこちらに好感を抱いてくれるのであれば、やらないに越したことはない。逆にだらしない格好でビジネスの現場に臨むのは甘いと言わざるを得ない。

一口に見た目と言っても、その意味は一つではない。
具体的には、
・服装
・清潔感・美容
・顔付き・体型
といった意味がある。
今回はビジネスパーソンにあるべき服装について考えてみたい。

TPOをわきまえた服装をする

会社には社内規定に明示されていなくても、服装について暗黙の了解がある。スーツが必須という会社もある。上着を羽織っていれば下はジーンズでもOKという会社もあるし、Tシャツとショートパンツでも大丈夫という会社もある。

いくらオシャレな格好をしていても、周囲から浮くのであれば、それはその会社にとって適切な服装ではない。まずは自分の勤務先が許容する服装の範囲を見極めたうえで、自分の着こなしを決めたほうがいいだろう。

クールビズを導入する企業が増えたこともあり、最近は以前よりもドレスコードが緩やかになっているようだ。しかし依然として基本スーツでの出勤が前提になっているところも少なくない。その場合は当然スーツを選ぶことになるが、スーツと言っても千差万別。どれを選ぶかで印象は変わってくる。

スーツは既成服ではなくオーダーメードを

まず、どこでスーツを買うかという問題がある。百貨店や紳士服店では既製服が売られている。だが、既製服の中から自分にピッタリ合うものが見つかるのは稀だ。例えば身長170㎝の男性であっても、胸板が厚いスポーツ体型の人もいれば、痩せ型の人もいる。

しかし既製服は、その身長の標準的な肩幅や胸囲を想定して作られていることが多く、千差万別の体型に対応できない。実際、着ているスーツのサイズが体格に合っていない人を時々見かける。この間は、スーツのズボンがダボダボの人を見かけた。これでは相手に対し、だらしない印象を与えてしまう。イケてる仕事人の服装とは言えない。

この問題を解決するのがオーダーメードだ。自分の体型にあったスーツを入手できる。オーダーメードの種類には以下の三つがある。

オーダーメードの種類

(1)パターンオーダー
複数の既成服の中からサイズが近いものを選び、袖丈などを調整してその人の体型に近づける手法。三つの中で最も価格が安い。

(2)イージーオーダー
生地を選んだ後、縫製工場が用意した型紙をベースにしてサイズ面とデザイン面で補正を加える手法。縦、横、奥行きの三つで調整できる点がパターンオーダーと異なる。

(3)フルオーダー
その人のサイズに合う型紙を一から作り、それを基にスーツを作る手法。縫製前に顧客に試着をしてもらい、そこからさらに修正を加えるので完成度が高い。

価格はピンキリだが、5万円未満のものもある。この場合、既成品と価格面で大きな差は出ない。

既成品のスーツしか着ていない人は、ぜひ一度、オーダーメードを試して欲しい。体格にフィットしたスーツを着ることで、初対面の人に与える印象は変わってくる。

互いに内面だけでなく見た目も磨いて、イケてる仕事人を目指そうではないか。

大人の男カテゴリの最新記事